• ホーム
  • スポーツチームの映像撮影がリモートで可能に!「カメラマンが遠隔で撮影支援するサービス」を提供開始

スポーツチームの映像撮影がリモートで可能に!「カメラマンが遠隔で撮影支援するサービス」を提供開始

プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社(代表取締役:平地 大樹、本社所在地:東京都千代田区、以下 PSI)は、コロナ禍におけるスポーツチームの映像制作を支援するために撮影現場にカメラマンを入れずに撮影キットだけを手配し、カメラマンが遠隔で撮影補助をするサービスを提供し始めました。

左がPSI社内のリモート支援の様子と、右が実際のクラブハウス内におけるインタビュー会場の様子

今までPSIはスポーツ関連の映像を数百件制作してきており、その中でも選手のインタビュー映像は特に多くの実績を保有しています。通例PSIが映像制作をする場合、現地に当社カメラマンが訪問し、撮影し、編集・納品までを担当します。クリエイティブの会社というだけでなく、マーケティングの会社でもあるため、納品後、同映像を多くの人に見てもらうためにSNSでの拡散なども合わせてサービスとして提供しています。

今回、遠隔撮影のソリューションを開発ならびに提供し始めた背景として、新型コロナウイルスの影響があります。現在もスポーツ業界は新型コロナウイルスの影響でリモートマッチ(無観客試合)や動員を限定しての試合が行われており、選手の身体的安全をケアすることが非常に重要になっています。その一方で、ファンが試合を生で観られない状況もあり、映像の提供は重要性を増し、試合以外の映像含め、映像制作の機会が増えています。

そこで、PSIとしては選手にできるだけチーム関係者以外との接触機会を持たせないためにカメラマンの派遣を控え、機材やマニュアルなどの撮影キット一式を提供し、チーム関係者が設置することで撮影現場を実現できるようにしました。撮影中もウェブ会議システムを活用して撮影現場をディレクションすることで、プロのカメラマンが現地にいなくても高画質のカメラでしっかりと素材の撮影ができ、質の高い映像をチームとしてファンに提供できるようにしました。

マニュアルを元に現場のカメラ位置をリモートで確認する様子

すでに複数チームで導入されつつあり、実際に横浜FCのYouTubeチャンネルでも本サービスによって制作された動画が配信されています。横浜FCの看板選手であり、日本を代表するサッカー選手3名が織りなすトークが非常に魅力的な動画に仕上がっています。三編からなる本動画の完結編は7月20日に公開され、「YouTubeじゃなくてテレビのゴールデンで流すレベルの内容!」などとコメントも集まり、結果テレビでも取り上げられ放映されました。

サービスの提供価格はインタビュイーの数と編集内容にも依ってきます。インタビュイーが1名で動画編集も1本であれば最低価格60万円~で映像制作を請けられるように設定しました。上記サービスには以下の内容が含まれています。

・映像の提案
・絵コンテやアートボードなどのドキュメント作成
・カメラや三脚、照明、ピンマイクなどの機材一式手配と配送
・機材設置のマニュアル
・リモート支援による撮影のディレクション
・映像編集
・納品

チーム側はクラブハウスなどの場所を確保し、スタッフが現地にいるだけで撮影が可能になります。カメラマンの移動費を鑑みても直接の撮影の方が実際は廉価に映像制作を提供できるものの、まだコロナ禍における現状であり、必要性のあるサービスになっています。こうした状況の中でもスポーツの火を絶やさないよう、PSIはスポーツチームと密に連携してファンの皆さんに喜んでいただける映像をお届けしていきます。

【本件に関するお問い合わせ先】
プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社
担当:鳥谷部・紺野
問い合わせフォーム: https://plusclass-sports-incubation.co.jp/contact/

CONTACT

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせはこちら
03-6206-6788