• ホーム
  • 中村武彦氏がPSIの事業戦略参与に就任

中村武彦氏がPSIの事業戦略参与に就任

プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社(代表:平地大樹 本社所在地:東京都千代田区 以下PSI)は、ニューヨーク・日本と世界でスポーツビジネスにて活躍されている中村武彦氏に『Business Strategy Counsel(事業戦略参与)』として参画いただくことになりました。

中村武彦氏はBlue United Corporation(代表:中村武彦 本社所在地:ニューヨーク)を2015年に創設し、『MLSから学ぶスポーツマネジメント~躍進するアメリカサッカーを読み解く(東洋館出版)』の著者としても著名です。以下中村氏のプロフィールになります。

鹿島アントラーズ・グローバルストラテジーオフィサー、MLS Players and International Relationsコンサルタント、大宮アルディージャ・グローバル強化担当、パシフィックリーグマーケティング国際事業開発担当・スペシャルキャリアアドバイザー、エンゲート株式会社グローバルパートナーなども務める。2012年にはFIFAマッチエージェントライセンスも取得し、2018年にパシフィックリムカップを創設。同年プロeスポーツチームの「Blue United eFC」も立ち上げ。

2017年より青山学院大学地球社会共生学部の非常勤講師を務める。著書:「MLSから学ぶスポーツマネジメント~躍進するアメリカサッカーを読み解く(東洋館出版)」。受賞等:2019年サッカー本大賞、2015年UMASS「Alumni on the rise Award」、2017年東京ニュービジネス協議会 「国際アントレプレナー賞」、2018年及び、2019年SPIAアジア「年間最優秀国際スポーツイベント賞ファイナリスト」など。
以上になります。以下、今回の取り組みについてPSI代表平地からのコメントになります。

スポーツビジネス界でこれほどの実績を持つ方にPSIへ参画いただけたことを本当に嬉しく思います。元より中高の同窓からNYで紹介され、こんな凄い人が世界にはいるのか!と衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。

中村氏の前職時代にも(株)プラスクラスの新規事業であったスポーツ事業時代にパートナーとして活動いただいていたものの、PSI創設後、そして中村氏の独立後になかなかご一緒できず、どうにか中村氏と動きを共にしたいと今まで模索して参りました。中村氏が参画してくれたことで、間違いなく見えるPSIのこれからの進化に興奮しています!

現在COVID-19の影響で日本も世界もスポーツ業界に大きな打撃があり、どうこの状況を生き抜くかを皆さまが模索していることと思います。PSIも収益への影響は小さくありません。これまで毎年倍々で成長してきた当社ですが、4月は初の前年マイナスとなりそうです。ただ、この現状を機会と捉え、引き続きクラブ様・リーグ様・協会様と密に連携していき、PSIでしか実現できない価値を提供し続け、大きく進化していきたいと考えています。

今回中村氏に参画いただいたのは、事業全体で世界の目線も入れながらPSIが更に進化していくため、になります。中村氏には事業戦略参与として、今までの知見や知識を元にPSIの事業についてアドバイスいただきます。また、今後PSIのプロジェクトやソリューション、顧客への企画・提案などにも都度アドバイスをいただきます。中村氏の力を存分に活かすことで、今まで以上に良いサービスが提供できるものと確信しています。

このような状況下ではありますが、PSIはこの先の大きな目的のために上場を引き続き考えており、投資家様・投資企業様についても模索をしています。PSIは下図の通り、金・人・施策をスポーツ団体に提供することにフォーカスし、より良いサービスになるよう磨き上げていきます。そういった意味でも中村氏の参画は非常に心強いものとなります。

『日本のスポーツ全会場を満員にする』このミッションは当分の間は実現されないでしょう。ですが、いつかそのような風景が見られるように、ウィズ・コロナの見通しで、今はスポーツ団体が耐えられる収益構造の新規サービス構築に精を出し、今後はチケット収入の大幅減収を防ぐ施策、そしてチケット収入に代わる第4の収益軸を提供できるような施策を提供していきます。すでに各クラブ様へは周知をし始め、少しずつクラブ様も同調いただき、共に生き残る施策へ移行していけそうです。

今こそスポーツ×デジタルマーケティングの国内トップクラス企業として、スポーツのDXを推進し、スポーツの価値を落とさないよう、上げていけるよう活動していきます。”インキュベーション”という言葉を社名に入れた自分たちに恥じない行動を利他主義で取り組んでいきます。

そして、アフター・コロナで熱狂するスタジアムやアリーナを改めて再現し、日本のスポーツマーケットの復興・進化に尽力します。アフター・コロナは今まで私たちが想像してきたスポーツの姿ではないかもしれません。それでもスポーツの価値を落としてはいけない。上げなければいけない。豊かな生活を送る上で、スポーツはかけがえのないモノだと今こうして改めて感じた日本の、世界の方に熱狂と感動を体感できる場をまた提供できるようにPSIは活動します。

【プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社について】
プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社は、国内62クラブに対しマーケティングとクリエイティブの支援を行うスポーツに特化したデジタルマーケティング会社です。マーケター、デザイナー、ビデオグラファー、エンジニア、アナリスト、とサービス提供に必要な人材をすべてインハウスで持ち、スポーツビジネス特有のスピード感にも対応できる国内でも珍しい企業です。スポーツビジネスやスポーツマーケティングはデジタルマーケティングだけで解決できるわけはなく、PSIは社内リソースで提供できるサービスだけにこだわることなく、社外のパートナーとも連携し、顧客の課題解決に最適なソリューションを提供するコンサル会社でもあります。チケット販売のプロモーションを中心に顧客数を伸ばし、現在はスポンサーマーケティングにもデジタルの力でイノベーションを起こしつつあり、プロスポーツクラブにおけるtoC・toB双方におけるパートナーとなれる企業です。
社名:プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社
代表取締役:平地 大樹
場所:東京都千代田区永田町2-17-3
URL:https://plusclass-sports-incubation.co.jp
連絡先:tamai@plus-class.co.jp
担当:玉井

【Blue United Corporationについて】
2015年10月創業。米ニューヨーク、東京そして長野を拠点にしてスポーツチーム、リーグ、アスリート、ブランドの海外事業開拓をプロデュースしています。また自社コンテンツとして2018年にハワイ・アロハスタジアムにて毎年日米プロサッカー(Jリーグ及びM L S)が激突する「パシフィック・リム・カップ」を創設・主催。同年プロeSportsチーム「Blue United eFC」を立ち上げ運営。アジア代表としてFIFA eクラブワールドカップに2年連続出場を果たしています。海外スポーツビジネスに精通し、スタッフ全員が海外経験豊富であるポジションを活かして、今までにないスポーツビジネスの提案を顧客に行っています。日本のスポーツビジネスが世界と伍するように、世界を繋ぐ空と海の色である「ブルー」、そして世界の共通言語である「スポーツ」を通して、国境を越えて人々を繋ぎ(「ユナイテッド」)、感動を共有していきたいと思います。
社名:Blue United Corporation
代表:中村武彦
場所:1460 Broadway, New York, NY 10036 USA
URL:https://www.blueutd.com
連絡先:+1 347-934-9706
担当:山本

CONTACT

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせはこちら
03-6206-6788